「ずく出して行こうフェアvol.2」

善光寺

9月18日にずく出して行こうフェアvol.2を開催しました。都内から20名程度、県内から50名程度の合計70名程度の大学生が参加しての開催されました。

おやき

まずは腹ごしらえ。長野と言えばおやきです。ということで腹ごしらえにおやきとお握りを食べました。

善光寺大勧進

会場は、善光寺大勧進。結婚式も行われる場所です。厳かな雰囲気です。やってみてわかりましたが、畳の上での開催というのは学生と社会人の距離も近くて非常に良い雰囲気で開催できました。

今回は「ジョブスタディ」と共同で開催しました。

ジョブスタディとは、各業界のリーディングカンパニー32社の人事担当者が学生に対し、「働くこと」の意味を身近に感じもらい、就職活動の視野を広げてもらうためのセミナー等をボランタリーに実施しているグループです。2005年に開始後、企業内や大学内で全国の学生に対してセミナーを開催し、「本音のコミュニケーション」をコンセプトにパネルディスカッションやフリー質問会を実施。2011年は8,000名強の大学生が参加。

大手企業は大企業で現在の就職活動(採用活動)に疑問や課題を感じているようで、大手企業の人事部がネットワークをつくって独自取組みをしています。

今回のずく出してフェアvol.2は、「長野で働くこと」をキーワードに学生と様々な環境で働く社会人との座談会を開催しました。 参加いただいた社会人の皆様はこちら。

大手企業人事担当者:
コクヨ株式会社 人財開発部 人財採用グループ 長田寛文氏
帝人株式会社 採用・人財開発部 採用グループ 高村太基氏
地元企業社長:
エムケー精工株式会社 代表取締役社長 丸山将一氏
ラナベイク株式会社 代表取締役社長 永濱健氏
ずっと長野で働いてます:
Loop38 代表 間島賢一氏
合同会社 大地の恵み 代表社員 加藤大介氏(信州大学工学部2001 年3月卒)
新卒で地元企業に就職:
株式会社産直新聞社 奥田悠史氏(信州大学農学部2012 年3月卒)
株式会社産直新聞社 柳澤愛由氏(信州大学農学部2012 年3月卒)
大手企業を辞めて長野へ:
HanaLab 代表 井上拓磨氏(信州大学大学院工学系研究科2005 年3月修了)
株式会社 信州TLO 篠塚由紀氏
株式会社地元カンパニー 代表取締役社長 児玉光史
行政担当者:
長野県商工労働部 労働雇用課 課長 吉澤猛氏
経済産業省 関東経済産業局 地域経済部 産業人材政策課 課長 酒匂正広氏
司会進行:
株式会社カシヨキャリア開発センター 常務取締役
信州大学長野地区就職相談員 松井秀夫氏
財団法人上田繊維科学振興会 理事
信州大学繊維学部特任教授 岡田基幸氏

などなど様々なバックグラウンドをもつ社会人の皆さんにご参加いただきました。学生からの様々な質問に真摯に回答して頂きました。

今回も感じましたが、学生が社会人と話す機会は本当になかなかないようで、参加した学生も非常に刺激になったとのことです。ただ、このようにお膳立てしなくても、会おうと思えばすぐにでも社会人に会える環境はあるわけですので、学生の皆さんには積極的にどんどんアクションして頂きたいなと思います。

(文章:ずく出しフェア事務局 児玉)

このページの上部へ